DHAもEPAも求める身体!

DHAもEPAも身体に必要な栄養素だって

EPAって何?DHAとEPAの違い!

EPAは聞いたことがあるという人がいますがあまり聞いたことがない人の方が多いと思います。

それと似ていてDHAは聞いたことが多いのではないでしょうか?

まずDHAの正式名称はドコサヘキサエン酸でスペルはDocosa Hexanoic Acidといいその言葉を略してDHAというのです。

また、EPAはエイコサペンタエン酸でスペルはEicosa Pentaecnoic Acidといい、EPAといいます。

人間の体の中で絶対に必要な物は、必須脂肪酸というもので必要だからと言って体の中で勝手に作られているわけではないのです。

どうやって体に入って作られているかというと自分が食べたものが体の中に入ることで作られているのです。

主に、魚に多く含まれているので人間は魚を食べることでDHA、EPAを取っているのです。

しかし、今までは魚より肉中心になっている時代なのでなかなか魚を食べている人が少なくなっているのです。

昔の人は毎日のように魚を食べていた時代なので今の時代にも体にもいいので魚を食べ体に栄養を付けるようにしましょう。

お互いがすごく似ていますよね。

体に作用することだったり、血の中の中性脂肪やコレステロールを低下させる役割があるのです。

コレステロールには、DHAの方の効果が高いと言われていてEPAは中性脂肪の方が効果が高いといわれています。

最も大きな違いと言えばDHAの場合は脳の働きに絶対必要な成分であり、脳の成分の中では一部であること。

そのため、EPAが通過できない脳の血液脳関門をDHAhs通過できることができるのです。

しかし、DHAにも同じ効果が含まれていますがEPAの方が高い効果があり、血小板、擬集抑制効果がものすごく優れているのだ。

両方を一緒に体に含むことで相乗効果をもつのです。

どちらも酸化しやすい弱点をもっていますがビタミンEなど抗酸化作用を含まれているビタミンと一緒に取るようにした方がいいでしょう。

主に、摂取した方がいいと思われる食べ物は魚系の方が多く含まれているのでいいでしょう。

こちらのサイトに参考となる情報が記載されていました。

DHAとEPAについて気になる人にオススメサイト

Comments are closed.

© 2016 DHAもEPAも求める身体!